インプラントで懐かしのマイ歯を取り戻そう

このエントリーをはてなブックマークに追加
dentist

インプラントの治療

インプラントとは何か

インプラントとは、抜けた歯のところに人工の歯を埋め込むことです。あごの骨に埋め込みをするのですが、まずは歯肉を切開して人工の歯根を埋め込みます。歯根が周りの歯肉としっかり固定されるまで期間を空けます。しっかりと固定されたら、頭出しをして結合部分となる部品を取り付けその上に人工の歯根を取り付けて完了となります。治療期間ですが、短くて3ヶ月長くても10ヶ月程度の治療期間がかかる長期間の治療なのです。まだ、保険の適用のされない自由診療ですので費用は高額となります。インプラント1本当たりで30万円ほどの費用がかかります。ただし、医療費控除は受けることができます。年末調整の時には治療費の領収書だけでなく歯科医院への交通費も対象となります。

他の治療方法との比較

抜けた歯の治療方法となると、インプラント以外にもブリッジや入れ歯があります。ブリッジは失った歯の両隣の歯を少し削って義歯をはめ込み一緒に固定する治療方法です。天然の歯と見た目の変わらない人工の歯を入れますが、まわりの健康な歯を削ってしまうデメリットがあります。入れ歯ですが、失ってしまった歯の場所に歯茎を含めた人工の歯をはめこみ、バネで固定する方法です。これまでされてきた治療法ですが、あごの骨がやせやすく周囲の歯にも負担がかかりやすいデメリットがあります。その点、インプラントであれば周りの歯を削るようなことなく治療ができます。また、噛み合わせの力も天然の歯と遜色ないほどの噛む力も強いメリットがあります。